円ブリオ基金センター

円ブリオ基金センターとは

エンブリオとは8週までの胎児のこと。
身長2センチ、体重は1円玉と同じ1グラムのお腹の赤ちゃん。円ブリオ基金センターでは国民の皆さまから“ひと口1円”の拠金を頂き、妊娠に悩む女性の相談にのって、出産費、健診費を支援しています。1円の“円”と“エンブリオ”の“エン”をかけて「円ブリオ基金」と命名。1億人が1円を出してみんなで赤ちゃん誕生を喜ぶ社会をめざしています。

更新情報・お知らせ

2018/05/01
ホームページリニューアル。NEW

募金活動について

あなたの勇気がお腹の赤ちゃんを守ります。

皆様からお寄せ頂いた善意の1円は、お腹の赤ちゃんと妊婦さんを助けるために、出産費用として大切に使われます。
これまでに円ブリオ基金で支援した赤ちゃんは679人です(H30年4月17日現在)
基金箱の設置と共に、ひと口1円 円ブリオ基金にご協力をお願いいたします。
ひと口1円基金事業